今回は久しぶりにTOEFLの投稿。

やはり個人的にアイルランドの方が書いてて新鮮味があるので
そっちに行きがちになってしまっていたのですが、笑
初心に戻り

TOEFLのReadingセクションの勉強法

について書こうと思います!

 

Readingセクション対策でやること

ToeflのReadingセクションのスコアアップには

・基礎英語力の向上
・ひたすら問題演習

の2つをやれば十分です。

個人的に
Readingセクションでやることは他のセクションに比べて選択肢が少なく、
かなりシンプルだと思っています。

なぜなら、Readingセクションは形式への対応力より
基礎英語力が多くものを言うからです。

なので、このページをざっと読んでもらったら
さっと行動に移してもらえればと思います。笑

目的:基礎英語力の向上

基礎英語力=単語力UP+盤石な文法力+α

ですね。

こういった知識はReadingセクションにおいて、
読むスピード・内容理解度の向上に直結します。

速読勝負であるReadingセクションにおいて、
まさに基礎英語力の向上が全て解決してくれる訳です。

(基礎英語力についての詳細はコチラ!)

しかし、我々日本人が全ての日本語の単語を知らないように
英単語の勉強にはキリがありません。

なので、
文法書(高校〜大学受験レベル)を早めに一通りさらって
単語を継続的にやるのがおすすめです。

目的:問題演習

問題演習の目的は2つあります。

1つは、問題慣れです。
英語力についてのページの対応力の方ですね。

TOEFLはReadingセクションに限らず、ある程度決まった形式で出題されます。
その形式で問題を感覚的に解くには
どんな形式があるか事前に調べて色々戦略を立てるより、
とりあえず沢山解くのが速いです。笑

形式自体は単純ですからね。

2つ目は、読むスピードの向上です。
これは基礎英語力のところでも同じことを言ったのですが、 
読みまくることで自然と脳を英語ネイティブ化させることができます。
無意識に脳が「あーまたこの構文ね」となってくれればこちらの勝ちだと思います!
 

カテゴリー: ReadingTOEFL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です